グルコマンナンを上手に活用して無理をしないダイエット

グルコマンナンを上手に活用して無理をしないダイエット

グルコマンナンはダイエットの強い見方!

グルコマンナンのダイエットのサポート力に着目し、最近では、グルコマンナンを使用したスムージなどダイエット関連の商品がたくさん増えてきています。

 

ここでは、そのグルコマンナンをダイエットに活用する事で、どのような働きに期待されているのかをまとめています。

 

満腹感が持続する!

ダイエットのイメージと言えば、食べたい気持ちを我慢しなくてはならない。「辛い!」と言ったイメージが強いという方も多いかと思います。その食欲を無理をしないで抑制してくれる働きに注目されているのがこんにゃく成分のグルコマンナンです。

 

最初に重要なグルコマンナンの性質についてですが、グルコマンナンはこんにゃくに含まれている成分で、水分を吸収しやすい性質をもっています。その為、胃の中で水分を吸収すると粘性の強いゲル状に変化します。

 

つまり、水分の吸収性が高いのに加えて、大きく膨張するという2つの性質も持ち合わせているのです。さらに、その膨張スピードは、たった30分で大体10倍ほどにまで膨れ上がり、長時間に渡って満腹感を持続することができると言われています。

 

その性質を上手にダイエットに活用すれば、いつも食べていた食事の量を減らすことができ、お腹が空いたとき、いつもならお菓子を食べていたところ、グルコマンナンが配合されたスムージーなどの食品を活用すれば、お菓子などの高カロリーの間食を抑える事が出来きます。さらに、グルコマンナン自体はノーカロリーなのです。

 

また、現在人が不足しがちだと言われている食物繊維なので、腸内にある老廃物を排泄して腸内環境を整える働きにも期待されており、食欲を抑え、腸内環境をキレイにする。この魅力的な働きに多くの人が注目しダイエットに取り入れているんですね。

 

急激な血糖値の上昇を抑える

グルコマンナンには、食べ物の消化・吸収を遅らせる働きもあると言われています。その為、血糖値の急激な上昇を抑える働きにも期待されています。血糖値の急激な上昇は太りやすくすると言われています。

 

血糖値の上昇と肥満の関係を簡単に説明すると、私たちが食事をすると、血糖値が上昇します。私達のカラダは正常な一定の範囲内の数値を保つために、血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されるようになっています。

 

すると、インシュリンは糖質を各細胞に届けて、エネルギーにかえて消費させるように働きます。そのはたらきによって血糖値が徐々に下がり一定の数値に保たれるのです。

 

ですが、一度にたくさんの糖質を摂取したりすると、各細胞に糖質を届けても残ってしまいます。その残った糖質はインシュリンの働きより脂肪細胞に運ばれてしまい肥満の原因となってしまうのです。

 

つまり、インシュリンが急激に、かつ大量に分泌され脂肪細胞に運ばれ、その結果太ってしまうことになると考えられているのです。

 

太らないためには、インシュリンの分泌量を少なくすることが重要なんですね。それには「血糖値を急に上昇させないこと」が大切なのです。

 

そこでグルコマンナンを活用すると、グルコマンナンは食物繊維なので、食べ物に含まれている糖を包み込んでカラダの外に排出する働きをし、過剰なエネルギーの摂取を抑えたり、糖の消化・吸収を遅らせ、食事をした後の血糖値の急上昇を抑えられると言われているのです。

 

しかも、余分なコレステロールや胆汁酸を体の外に排出する働きも期待されています。つまり、コレステロールを減らす効果も期待できるのです。

 

また、グルコマンナンが多く含まれている食品こんにゃく自体もとても低カロリーなので、食事に取り入れることで過度な食事制限をすることなく、手軽にダイエットが行えます。

 

このように、グルコマンナンにはダイエットに良い働きがたくさんあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ