食物繊維の種類

食物繊維の種類

食物繊維の種類と特徴

便秘予防し腸内をきれいにお掃除することで知られているのが食物繊維です。
実はこの食物繊維には2つの種類があることをご存知でしょうか。

 

2種類に分けられる食物繊維

  • 水に溶けやすい水溶性食物繊維
  • 水に溶けにくい不溶性食物繊維

があり、それぞれに特徴があります。

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、水に溶けると粘性が生じるという特徴があります。
食物繊維ですから水に溶けても他の栄養素と違い消化吸収されません。

 

粘性があるという特徴があるため、ゆっくりと胃や腸の中を移動するので
食べ過ぎを防いだり腹持ちを良くしたりします。

 

また、炭水化物は体内に入ると消化される事によりブドウ糖になり、
体内に吸収されて血液の中まで運ばれます。

 

この血液の中のブドウ糖の事を血糖と言いますが、
血糖が高い状態が長期間続くと糖尿病を引き起こす事になります。

 

このように、水溶性食物繊維は粘性があるので
炭水化物の消化や吸収を緩やかにするため、血糖値急な上昇を抑えてくれます。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維はその粘性によって腸内のコレステロールや胆汁酸を吸着します。
食物繊維には消化吸収しないという特徴がありますから、
吸着したコレステロールごと速やかに体外へ排出されます。

 

水に溶けにくい不溶性食物繊維は保水性が高く、
水分を吸収して膨らみ腸を刺激する事で蠕動運動を改善して排便を促します。

 

不溶性食物繊維は水分を吸収すると数倍が数十倍膨らむといい、
このため便は柔らかくなり排便しやすくなるといいます。

 

また、不溶性食物繊維は大腸内を通りとき、有害物質を吸着して体外に排出してくれます。

 

食物繊維の上手なとり方

水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、大腸内で発酵、そして分解される事で
ビフィズス菌などの善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。
ただし、不溶性食物繊維は水溶性食物繊維に比べて発酵性は少ないといいます。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維はそれぞれ違った特徴がありますから、
どちらか一方を摂るというのではなく、どちらも均等に摂取するのをおすすめします。
また、普段の食事ではなかなか1日の目標摂取量には届かないため
意識して摂取するように心がけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ