無理をしない糖質制限ダイエットにこんにゃく米

白米を食べながら糖質を控えたい方に!

 

 

「無農薬こんにゃく米」の口コミ情報!

 

 

●もう手放すことができません!

 

こんにゃく米を食べたのは初めてでしたが、こんなに美味しいとは思いませんでした。

 

仕事が忙しくて夜遅くに疲れて帰ってきご飯が炊けない私にとって、冷凍して置いておいてもすぐに解凍して美味しく食べれる無農薬こんにゃく米は、もう手放すことができません!

 

今度はもっとこんにゃく米の量を増やして糖質・カロリー制限をしてみるつもりです。


 

 

 

●夫はこんにゃく米とは全く気づきませんでした!

 

最近、体の健康が気になってきたので、お米に混ぜて炊くだけで手軽に食べれる無農薬こんにゃく米を試してみることにしました。

 

炊き上がって見てみると、いつもと変わらない美味しそうなご飯に炊き上がっていたのです。

 

こっそり夫に出してみたのですが、夫はこんにゃく米とは全く気づきませんでした!今も夫はこんにゃく米が混ざっているのを知りません(笑)


 

 

 

●こんにゃくが苦手な私でも美味しく食べてカロリーカット!

 

正直言うと、私はこんにゃくが苦手で食べれません。ところが、無農薬こんにゃく米は、こんにゃく米が入っていることがわからないくらい普通のご飯と同じくらいの仕上がりでした。

 

こんにゃく特有の嫌な臭いもしませんから、こんにゃくが苦手な私でも美味しく食べてカロリーカットできちゃいます!

 

これまで通りの量を食べてもカロリーカットできるところが嬉しいですね。


 

 

 

いつものようにお米を食べてカロリーをカット!

 

 

 

糖質を制限するダ炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットが近年注目を集めています。

 

しかし、おいしいお米を常に食べている私たち日本人は、お米が大好きな人も多く

  • どうしても白米を毎日食べたい。
  • お米をお腹一杯になるまで食べないと気がすまない!

と言った方もたくさんいらっしゃいます。

 

そんな、お米が大好きな人がダイエットにチャレンジするときや健康を考えてお米の量を減らしたいと思っている時におすすめなのが『こんにゃく米』です。

 

現在は、さまざまなメーカーでこんにゃく米が販売されていますが、当サイトがお勧めするのは、安心と美味しさにこだわって作られている、ネットショップ【からだコントロール】で販売されている「無農薬こんにゃく米」です。

 

【からだコントロール】で販売されている「無農薬こんにゃく米」は、原材料にこだわって作られおり、幻のこんにゃくと言われている、農薬を一切使わずに栽培されている“無農薬のむかごこんにゃく”を原材料に使用し、着色料や保存料も使われていません。

 

白米のような白さは天然の貝由来のカルシウムを使用。保存料は使用しないで、独自の乾燥工程によって長期保存(賞味期限約1年間)が実現。

 

もちろん、体に良い働きをする食物繊維やこんにゃくマンナン(別名:グルコマンナン)といった栄養成分もたっぷり含まれていて糖質もカットすることができます。

 

例えば、お米1合にこんにゃく米4袋(炊き上がり3合分)を混ぜて炊くと、お米のみで4合炊いた場合と比べて、糖質とカロリーが約50%もカット!

 

 

 

 

そして、重要なのが食感や美味しさです。【からだコントロール】の「無農薬こんにゃく米」は美味しさにもこだわって製造されています。一般的なこんにゃく米は機械製造も多く、品質にばらつきがでて食感があまり良くないという声もあったようです。

 

その問題点を、「無農薬こんにゃく米」では、粒形状や粒重量を人の目で確認しながら全て手作業で検品。徹底した検品が行われています。

 

このように、品質の良いこんにゃく米のみ選別して使用することで、白米となんら変わらない美味しさを実現しています。

 

また、炊く際の準備もありません。こんにゃく特有の臭いがほとんどないので、洗わずに研いだお米にそのまま混ぜるだけ。

 

もし、たくさん炊きすぎて残っても、炊き上がりの粒形状と粒流量を白米に可能な限り近づけて作られているため、冷凍保存しても、白米と同じように美味しくいただけます。

 

これなら、今まで他のこんにゃく米で失敗したという方、いままで、いろんなダイエットしたけど痩せなかった・・・そんな方にも「無農薬こんにゃく米」はピッタリの健康食品と言えるのでお勧めです!

 

 美味しいこんにゃく米なら

無農薬こんにゃく米の炊き方

 

「無農薬こんにゃく米」の炊き方はとても簡単で、お米を研いだ後にこんにゃく米を混ぜるだけです。まず最初に、いつも通りにお米を研いでおき、お米を研いだら30分水に浸しておきます。

 

この時入れる水の量は、お米とこんにゃく米の分量に合わせて間違わないように入れます。例えば、2合炊きたい場合、お米1合半とこんにゃく米1袋(40g)に2合分の水を混ぜます。

 

そして、水に浸して30分たったら、こんにゃく米を混ぜます。混ぜる時に少しぐらいこんにゃく米が浮いていても問題ないですが、軽くかき混ぜてできるだけ沈ませておくと尚良いです。

 

その後、炊き上がったらよく混ぜていただきましょう。良く混ぜるのはこんにゃく米が上の方にたまりやすいのと、そうすることで匂いがほとんどなくなります。

 

たったこれだけで白米に負けない美味しい「無農薬こんにゃく米」が炊けるのです。

 

もし、糖質やカロリーを調節したければ、こんにゃく米の分量を変えることによって、糖質やカロリーの調節ができるようになっているので、最初は無理のない自分のお好みの分量で炊くと良いでしょう。

 

さらに、カレー・チャーハン・丼物といった高カロリーと言われているメニューに「無農薬こんにゃく米」を使えば、逆に低カロリーのダイエットメニューに早変わりなので、どんどんチャレンジしてみると良いと思います。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ